ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX 株式投資ニュース 12月17日

12月17日(月曜日)の株式投資ニュースです。(17時11分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



【銘柄フラッシュ】ジェネレーションパスが急伸しクリエイトは7日続伸
 12月17日は、ジャパンディスプレイ<6740>(東1)が東証1部の値上がり率1位となり22.9%高。前週後半から週末にかけて中国資本を取り入れるとの観測報道や一部事業の売却観測などが出たため思惑買いが強まり、11月半ば以降は株価2ケタ台のため投機色も強いとの見方があり2日続けて大幅高。 クミアイ化学工業<4996>(東1)はストップ高の15.0%高となり、前週末取引日の14日に10月決算と創立70周年の記念配当を発表。記念配当は前10月期末現在の株主に実施するため、これか..

【株式市場】材料株が強く日経平均は大引けまで高いまま値を保ち反発
◆日経平均は2万1506円88銭(132円05銭高)、TOPIXは1594.20ポイント(2.04ポイント高)、出来高概算(東証1部)は13億6210万株 12月17日後場の東京株式市場は、円相場が日本時間の18日から始まる米国の金融政策会合(FOMC)を待つ雰囲気で小動きとなり、前場の高値を上回った銘柄はキッコーマン<2801>(東1)や明治ホールディングス<2269>(東1)など少数の印象。日経平均は前引け(188円44銭高の2万1563円27銭)とほぼ同水準で始まり、大..

ジェネレーションパスは後場もストップ高、営業利益11倍の急回復など好感
■「今期は前期以上の売上高、利益額を見込む」としたため注目殺到 ジェネレーションパス<3195>(東マ)は12月17日の後場、買い気配のままストップ高の1321円(300円高)に張りついて推移し、朝方にストップ高で売買されたあと買い気配を続けている。インテリア用品や家具などのネット通販を展開し、14日の17時過ぎに10月決算を発表。連結営業利益が前期の11倍の1.9億円に急回復した上、今期・2019年10月期の連結業績予想について、「18年10月期以上の売上高及び利益額を見込..

【IRセミナー】AMBITION<3300>(東マ)『不動産テック企業として業界の革新を目指す』
【IRセミナー】AMBITION<3300>(東マ)『不動産テック企業として業界の革新を目指す』★企業の将来が見えるIRセミナー【日時】平成30年12月10日(月)【会場】東洋経済新報社9階ホール■第1部 13:00〜13:50 IRセミナー『不動産テック企業として業界の革新を目指す』株式会社AMBITION 代表取締役社長 清水 剛 氏

【IRセミナー】CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)『独自技術で適用分野を拡大』
【IRセミナー】CRI・ミドルウェア<3698>(東マ)『独自技術で適用分野を拡大』★企業の将来が見えるIRセミナー【日時】平成30年12月10日(月)【会場】東洋経済新報社9階ホール■第2部 14:00〜14:50 IRセミナー『独自技術で適用分野を拡大』〜ゲームから家電・クルマ・WEB動画へ〜株式会社CRI・ミドルウェア 常務取締役コーポレート本部長 田中 克己 氏

【IRセミナー】レカム<3323>(JQ)『成長し続けるレカム、グローバル専門商社への進化』
【IRセミナー】レカム<3323>(JQ)『成長し続けるレカム、グローバル専門商社への進化』★企業の将来が見えるIRセミナー【日時】平成30年12月10日(月)【会場】東洋経済新報社9階ホール■第3部 15:00〜15:50 IRセミナー『成長し続けるレカム、グローバル専門商社への進化』レカム株式会社 代表取締役社長兼グループCEO 伊藤 秀博 氏

プロシップが後場、1月末の株式分割を発表し急伸
■1株につき2株の割合をもって分割 プロシップ<3763>(東1)は12月17日の後場寄り後に急伸し、13時過ぎに9%高の2735円(237円高)をつけ、出来高も急増している。13時に株式分割を発表し、2019年1月31日(木)最終の株主名簿に記載または記録された株主の所有する普通株式1株につき、2株の割合をもって分割するとした。(HC)

19日上場のソフトバンクは個人投資家の需要が2倍弱、海外投資家は3倍超と報道、ブルームバーグニュース
■日本経済新聞は社説で課題など論じるが、市場には課題を抱える間が買いの絶好機との見方も 12月19日に新規上場となるソフトバンク<9434>(東証1部、公開価格1500円)の前人気について、ブルームバーグニュースは12月14日の取引終了後、「国内機関投資家からは割当数の2倍程度の需要」「個人投資家の需要は2倍弱」「海外は3倍」と伝えた。 報道によると、情報が非公開のため、複数の関係者が匿名で明らかにしたとし、「海外機関投資家からの需要が売り出し割当数の3倍以上に達したこと分か..

【株式市場】日経平均は一時188円高となりNY株安をハネ返して強い
◆日経平均は2万1536円85銭(162円02銭高)、TOPIXは1598.45ポイント(6.29ポイント高)、出来高概算(東証1部)は7億781万株 12月17日(月)前場の東京株式市場は、前週末のNYダウが再び大きく下落したものの、日本株はその前日、ひと足先に下げていたため織り込み済みとの見方があり、日経平均は小幅高だが16円高で始まった。ユニー・ファミリーマートHD<8028>(東1)は、このところ日経平均を左右する度合いが強まっているとの見方があり、前日比変わらずで始..

Jトラストグループ:モンゴルの自動車ローンや中古車事業向け融資などで業務提携
■同国はじめ世界152ヵ国に越境ECで中古車を輸出するビィ・フォアードと展開 Jトラスト<8508>(東2)は12月14日の夕方、連結子会社のモンゴル現地法人Capital Continent Investment NBFI(ウランバートル、辻秀平代表、CCI社)が越境ECサイト「https://www.beforward.jp」を運営する株式会社ビィ・フォアード(東京都調布市・山川博功代表取締役:BF社)と同日付で、モンゴルにおける自動車ローン商品販売事業および中古車販売事..

17日上場のツクイスタッフは買い気配のまま公開価格の36%高(10時10分現在)
■介護関連事業を展開するツクイの連結子会社 17日、新規上場となったツクイスタッフ<7045>(JQS)は、介護関連事業を展開するツクイ<2398>(東1)の連結子会社。買い気配で始まり、10時5分現在は公開価格2630円を35.7%上回る3570円の買い気配となり、まだ初値はついていない。 会社発表の今期・2019年3月期の業績見通し(個別)は、売上高が83.86億円(前期比8.4%増加)、営業利益は4.67億円(同5.2%減)、純利益は2.89億円(同10.3%減)、1株..

17日上場のグッドライフカンパニーは公開価格の22%高(1951円)で初値をつける
■主に投資用の新築一棟賃貸マンションを用地仕入れ、設計施工、販売まで実施 12月17日、新規上場となったグッドライフカンパニー<2970>(JQS)は、買い気配で始まり、9時39分に公開価格1600円を21.9%上回る1951円で初値をがついた。その後1963円まで上げて売買をこなしている。 主に投資用の新築一棟賃貸マンションを、用地仕入れ、企画、設計、施工(監理)、賃貸仲介、賃貸管理、売却までワンストップでサービスする「不動産投資マネジメント事業」を行っており、当事業を構成..

クミアイ化学がストップ高、記念配当と今期の業績見通しなど好感
■2019年6月20日に創立70周年を迎え、過ぎた期の配当だが2円増配 クミアイ化学工業<4996>(東1)は12月17日、急伸して始まり、取引開始後にストップ高の766円(100円高、15%高)で売買されたまま買い気配となっている。前週末取引日の14日、10月決算とともに創立70周年の記念配当を発表。過ぎた期の配当になるが、今期以降、普通配に置き直して継続する可能性に期待する様子がある。 2019年6月20日に創立70周年を迎えるため、これを記念し、18年10月31日を基準..

日本ハムは自社株買いと自己株式の消却が好感されて大きく出直る
■株主還元の充実やストックオプションにともなう交付に充当する目的で実施 日本ハム<2282>(東1)は12月17日、大きく出直って始まり、取引開始後に4%高の4320円(170円高)まで上げて11月29日以来の4300円台に復帰している。前週末取引日・14日に自己株式の取得(自社株買い)と自己株式の消却を発表。株式価値の向上が好感されている。 株主還元の充実、資本効率の向上、およびストックオプションの行使にともなう交付株式に充当する目的で、自社株買いを上限株数500万株(自己..

日経平均は16円高で始まりNY株安より先物高に注目する様子
 12月17日(月)朝の東京株式市場は、日経平均が反発基調の16円90銭高(2万1391円73銭)で始まった。前週末のNYダウは大きく反落し496.87ドル安(2万4100.51ドル)となったが、東京市場はその直前(12月14日)すでに441円安と先行安していたこと、夜間取引の先物が前週末の日経平均の終値を上回ったことなどが注目されている。(HC)

ラクーンホールディングスは戻り高値圏、19年4月期2桁増益予想で上振れ余地
 ラクーンホールディングス<3031>(東1)は、企業間ECサイトのスーパーデリバリー運営を主力として、EC事業およびフィナンシャル事業を展開している。利用企業数が増加基調で19年4月期2桁増益予想である。第2四半期累計が順調であり、通期予想に上振れ余地がありそうだ。株価は戻り高値圏だ。上値を試す展開を期待したい。■企業間ECサイト「スーパーデリバリー」運営が主力 ラクーンが18年11月1日付で持株会社に移行して商号変更した。アパレル・雑貨分野の企業間(BtoB)電子商取引(..

マーケットエンタープライズは調整一巡期待、19年6月期大幅増収増益予想
 マーケットエンタープライズ<3135>(東マ)はネット型リユース事業を展開し、中期成長に向けて事業ドメイン拡大戦略を推進している。19年6月期大幅増収増益予想である。株価は戻り高値圏から急反落して2月の年初来安値に接近したが、調整一巡して反発を期待したい。■ネット型リユース事業を展開 インターネットに特化してリユース(再利用)品を買取・販売するネット型リユース事業を展開している。コンタクトセンターからリユースセンターまで一気通貫のオペレーションシステムを特徴とし、マルチチャ..

メディカル・データ・ビジョンは売り一巡感、18年12月期減益予想だが19年12月期収益拡大期待
 メディカル・データ・ビジョン<3902>(東1)は、民間最大級の大規模診療データベースを活用して医療分野ビッグデータ関連ビジネスを展開している。18年12月期は下方修正して減益予想だが、大規模診療データベース実患者数は順調に増加している。19年12月期の収益拡大を期待したい。株価は売り一巡感を強めている。反発を期待したい。

ソレイジア・ファーマは底値圏、がん領域創薬ベンチャーで19年以降の上市本格化期待
 ソレイジア・ファーマ<4597>(東マ)は、がん領域を戦略的疾患領域とする創薬ベンチャーで、候補物質の開発権導入による臨床開発を主力としている。SP−03は中国での承認取得が19年にズレ込む可能性となったが、販売開始は19年中の予定で変更はない。19年以降の上市本格化・収益化を期待したい。株価は10月の上場来安値に接近したが底値圏だろう。反発を期待したい。■がん領域中心の創薬ベンチャー、開発権導入による臨床開発が主力 がん領域を戦略的疾患領域とする創薬ベンチャーである。候補..

インテリジェントウェイブは調整一巡期待、19年6月期大幅増益予想
 インテリジェントウェイブ<4847>(東2)は、金融分野や情報セキュリティ分野を中心にシステムソリューション事業を展開している。19年6月期は不採算案件が一巡して大幅増益予想である。株価は10月の年初来高値から反落して上値を切り下げる展開だが、調整一巡を期待したい。■金融システムや情報セキュリティ分野のソリューションが主力 大日本印刷<7912>の連結子会社で、ソフトウェア開発中心にソリューションを提供する金融システムソリューション事業、情報セキュリティ分野中心にパッケージ..

リンクアンドモチベーションは調整一巡期待、18年12月期増収増益・増配予想
 リンクアンドモチベーション<2170>(東1)は、従業員のモチベーションにフォーカスした経営コンサルティング会社である。18年12月期増収増益・増配予想である。そして19年12月期も収益拡大基調だろう。株価は戻り高値圏から反落して水準を切り下げたが、調整一巡して反発を期待したい。

スターティアホールディングスは調整一巡期待、19年3月期営業・経常増益予想
 スターティアホールディングス<3393>(東1)は、デジタルマーケティング関連事業、ITインフラ関連事業、ビジネスアプリケーション関連事業などを展開している。19年3月期は利益を上方修正して営業・経常増益予想である。11月14日には自己株式取得(上限40万株・2億円、取得期間18年11月15日〜19年11月14日)を発表している。株価は戻り一服の形となったが、調整一巡して反発を期待したい。

ダイヤモンドエレクトリックホールディングスは調整一巡期待
 ダイヤモンドエレクトリックホールディングス<6699>(東2)は、ダイヤモンド電機の親会社として18年10月1日設立し、東証2部に上場した。自動車機器事業、電子制御機器事業を展開している。19年3月期は減益予想だが、20年3月期の収益改善を期待したい。株価は11月19日安値から急反発、そして12月10日高値から急反落と乱高下の形だが、19年3月期減益予想を織り込み済みだろう。調整一巡して反発を期待したい。

【新規上場(IPO)銘柄】オーウエは東証2部に上場、産業用塗料で常に販売高トップの実績
 オーウエル<7670>(東2)は、12月13日に東京証券取引所市場第二部に上場した。同社は、1943年の会社設立以来、塗料分野を中心に顧客の生産に必要な商品やサービスを提供、産業用塗料で常に販売高トップの実績を上げている。 現在では、塗料・塗膜形成技術、生産財(化成品・物資)、工事、グローバル、LED照明、機能性光学製品、エレクトロニクスの7つの基幹事業となっている。同社、連結子会社16社及び持分法適用関連会社4社の計21社で構成され、塗料関連事業、電気・電子部品事業の2つ..

【どう見るこの相場】平成最後の大納会を前に「昭和は遠くなりにけり」の感慨とともに見直し余地のある「昭和銘柄」に浮上も期待
 平成最後の師走相場だというのに、国内市場、海外相市場とも値動きの荒い株価推移が続く。急上昇もするが急降下もするまるで高速エレベーター相場である。無理もない。アップサイドの好材料は露程にも見当たらず、ダウンサイドのリスク材料ばかりが目白押しだからだ。この師走相場の平成最後の大納会が大引けしたあと、平成相場のそれぞれのシーンを思い起こし30年間のパフォーマンスの心穏やかでない総括を迫られる投資家は少なくないはずだ。



ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX最新情報  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFXTOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け