ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX 株式投資情報 12月26日

12月26日(月曜日)の株式投資情報です。(16時48分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



【株式市場】個別物色が活発で日経平均は続落だがマザーズ指数などは強い
◆日経平均の終値は1万9396円64銭(31円03銭安)、TOPIXは1538.14ポイント(5.68ポイント安)、出来高概算(東証1部)は少なめで14億4180万株 26日後場の東京株式市場は、円高基調が続いた半面、12月決算銘柄の配当権利付最終日(今年は27日)に向けた買いや、年内にNYダウが史上初の2万ドルに乗る期待などから全体に底堅い印象があった。日経平均は総じて軟調なままもみ合い2日続落となったが、14時30分頃に4円81銭高(1万9432円48銭)まで浮上する場面..

【業績でみる株価】大倉工業は06年以来の高値水準、好業績を評価して上値試す
 合成樹脂フィルムなどを展開する大倉工業<4221>(東1)は、12月21日に発表した16年12月期業績予想および配当予想の増額修正も好感して高値更新の展開だ。そして06年以来の高値水準である。好業績を評価して上値を試す展開だろう。 16年12月期連結業績予想については、売上高を10億円増額して15年12月期比0.6%減の885億円、営業利益を14億50百万円増額して同95.4%増の46億円、経常利益を15億50百万円増額して同95.6%増の45億50百万円、純利益を4億円増..

パートナーエージェントは女性を対象にした婚活ツアー「Girls insta tour in KAWAKAMI」を実施
■地方自治体として全国初、Instargamを活用した今までにない婚活 パートナーエージェント<6181>(東マ)は、川上村(長野県南佐久郡)と2017年2月11日(土)に20〜30代女性を対象にした婚活ツアー「Girls insta tour in KAWAKAMI」を実施する。 これまで地方自治体の婚活ツアーは若年女性の参加が少なく、その結果カップル率も低く成果につながらないことが多いという課題があった。そこで「フォトジェニックな体験」「非日常の出会い」「地域資源のリブラ..

【注目銘柄】小津産業は17年5月期第2四半期累計と通期の予想を増額修正
 不織布や家庭紙・日用雑貨などを展開する小津産業<7487>(東1)に注目したい。12月22日、17年5月期第2四半期累計および通期の連結業績予想の増額修正を発表した。通期利益は再増額余地がありそうだ。株価は徐々に下値を切り上げている。好業績を評価して上値を試す展開だろう。 17年5月期第2四半期累計(6〜11月)連結業績予想は、売上高を3億16百万円増額して前年同期比5.5%増の203億16百万円、営業利益を1億27百万円増額して同15.0%増の4億67百万円、経常利益を1..

【材料でみる株価】ケイアイスター不動産は12月26日東証1部に市場変更、上場来高値更新の展開
 北関東地盤で1次取得層向け分譲住宅が主力のケイアイスター不動産<3465>(東1)は、12月26日付で東証2部から東証1部に市場変更した。株価は市場変更、配当予想増額修正、株式2分割(17年2月1日付)を好感して上場来高値更新の展開だ。 17年3月期(連結決算開始)の連結業績予想は、売上高が493億円、営業利益が38億50百万円、経常利益が37億円、純利益が26億円としている。16年3月期非連結業績との比較で大幅増収増益予想である。 そして12月2日に株式分割と配当予想の増..

上場3日目のセグエグループが好業績など見直されストップ高の後も活況高
■営業利益49%増を見込み師走相場で見直し強まる 上場3日目となったネットワークセキュリティシステムなどのセグエグループ<3968>(JQS・売買単位100株)は26日の後場一段高となり、13時過ぎに一時ストップ高の7500円(1000円高)まで上げて高値を更新した。今期・2016年12月期の業績見通し(連結)が前期比で営業利益49%増、純利益55%増の見込みなど業績が好調で、軽量株や好業績株、材料株が動意づきやすい師走相場で見直しが強まったようだ。 公開価格は1700円、初..

【中期経営計画と株価】日本エム・ディ・エムは中期経営計画で18年3月期ROE8.0%目指す
【成長への道筋・中期経営計画を探る】■5月の年初来高値に接近 日本エム・ディ・エム<7600>(東1)は整形外科分野の医療機器商社である。米国子会社ODEV製品の拡販で自社製品売上構成比が上昇して収益力が向上している。17年3月期増収増益予想である。そして増額余地がありそうだ。株価は5月の年初来高値に接近している。好業績を評価する流れに変化はなく上値を試す展開だろう。 15年4月策定の新中期経営計画「MODE2017」では、経営指針を「成長領域への積極投資を通じ新たなステージ..

ティアックが急伸、業績回復と株価2ケタの手軽さで師走相場に乗る
■今3月期は5期ぶりに完全黒字化の見通し ティアック<6803>(東1・売買単位100株)は26日、大幅続伸となり、13時30分を過ぎて11%高の63円(6円高)まで上げて年初来の高値を更新している。今期・2017年株価2ケタという点で、低位株や材料株が動きやすい師走相場に乗る銘柄とされ、今3月期の業績が5期ぶりに各利益項目とも完全黒字化の見通しのため「買う理由」もあるとの見方が出ている。 出来高はすでに5000万株を超え、みずほフィナンシャルグループ<8411>(東1)につ..

システナが後場一段高、業績好調で大手証券の投資評価に好反応
■IoT関連株で2017年の活躍銘柄として注目する様子も Webアプリ開発などのシステナ<2317>(東1・売買単位100株)は26日の後場寄り後に一段高の1763円(91円高)まで上げても戻り高値の更新幅を広げ、11月16日以来の1700円台回復となっている。直接の買い材料としては、大和証券が週明け26日付で目標株価を1850円として投資判断を開始したと伝えられたことが言われている。 業績は2015年3月期を底に回復し拡大基調となっており、買い材料に反応しやすいようだ。Io..

ラクーンの子会社トラスト&グロースは西武信用金庫の顧客向けに売掛保証サービス「URIHO」の提供を2017年1月より開始
■年商5億以下の中小企業が利用できる、中小企業向けネット完結型の売掛保証サービス ラクーン<3031>(東1)の連結子会社であるトラスト&グロースは、西武信用金庫の顧客向けに、中小企業向けネット完結型の売掛保証サービス「URIHO(ウリホ)」の提供を2017年1月より開始する。 今回提供を開始する「URIHO」は年商5億以下の中小企業が利用できる、中小企業向けネット完結型の売掛保証サービス。企業間取引において掛売りで取引をした際に取引先の倒産や支払い遅延により代金が回収できな..

【株式市場】師走相場に乗りやすい銘柄が活況で日経平均は軟調だがマザーズ指数などは強い
◆日経平均の前引けは1万9410円43銭(17円24銭安)、TOPIXは1539.36ポイント(4.46ポイント安)、出来高概算(東証1部)は6億9090万株 26日(月)前場の東京株式市場は、円相場が前週末に比べて40銭から50銭ほど円高の1ドル117円30銭前後で始まり、その後も一段強含んだことなどが影響し、トヨタ自動車<7203>(東1)などが軟調に推移。日経平均は軟調に始まった後も弱もみ合いを続けた。10時にかけて41円73銭安(1万9385円94銭)まで軟化し、前引..

【中期経営計画と株価】ミロク情報サービスは中期計画でROE17年3月期15%、21年3月期30%目指す
【成長への道筋・中期経営計画を探る】■調整一巡して戻り試す ミロク情報サービス<9928>(東1)は財務・会計ソフトの開発・販売やコンサルティングサービスを主力として、クラウドサービスやFinTech分野など新規事業も強化している。ストック型収益構造であり、17年3月期業績予想に増額余地がありそうだ。株価は上場来高値圏から反落したが、調整一巡して戻りを試す展開だろう。 第3次中期経営計画(15年3月期〜17年3月期)では、経営目標値に17年3月期売上高260億円、経常利益40..

【中期経営計画と株価】ASIANSTARは中期経営計画で18年12月期営業利益4億円目指す
【成長への道筋・中期経営計画を探る】■調整一巡して反発期待 ASIANSTAR(エイシアンスター)<8946>(JQ)は不動産関連事業を展開し、中国でのワンルーム賃貸事業も推進している。16年12月期は特別利益計上も寄与して大幅最終増益予想である。12月20日には連結子会社の持分譲渡手続完了を発表した。株価は安値圏モミ合いだが調整一巡して反発が期待される。 16年9月に2カ年(17年12月期〜18年12月期)中期経営計画を発表した。資本提携先である上海徳威企業との協業、および..

【中期経営計画と株価】サンコーテクノは中期ビジョンで売上高成長率5%以上を目指す
【成長への道筋・中期経営計画を探る】■安値圏モミ合い上放れへ サンコーテクノ<3435>(東2)は建設用あと施工アンカーの最大手で、センサー関連商材の測定器も展開している。17年3月期営業減益予想だが、中期的には20年東京五輪や国土強靭化政策など建設関連の事業環境が良好であり、収益拡大が期待される。株価は安値圏モミ合いから上放れの動きを強めている。17年3月期営業減益予想の織り込みが完了したようだ。指標面の割安感も見直して出直りが期待される。 新中期経営ビジョンでは「独自のフ..

セガサミーホールディングスは次第に持ち直し釜山から仁川への集中に期待
■韓国でのIR(統合型リゾート)事業の再編を発表 セガサミーホールディングス<6460>(東1・売買単位100株)は26日の前場、朝方の1691円(53円安)を下値に持ち直し、1743円(1円安)まで浮揚して底堅い相場となった。前売買日の22日、「韓国釜山広域市における複合施設開発中止および特別損失の計上」を発表し、2017年3月期に約34億円の特別損失を計上するとしたため手控える様子はあるが、一方では事業の効率化を念頭に絶好の押し目ととらえる買いも少なくないようだ。  同社..

シンシアがストップ高の後も活況で値上がり率1位
■12月16日に上場し業績好調で値動き良く師走相場に好適の見方 コンタクトレンズなどのシンシア<7782>(東マ・売買単位100株)は26日、急反発となり、一時ストップ高の3225円(500円高)まで上げて11時を過ぎても17%高の3195円(470円高)前後で推移。値上がり率では東証マザーズ銘柄の1位となっている。ホームページ 12月16日に上場したばかりで、高業績などが注目されて21日に3485円まで急伸。この一両日は特段、最新のIR開示情報などは出ていないが、師走相場は..

【編集長の視点】ラクト・ジャパンは25日線で下値を確認し業績急回復・連続増配観測を手掛かりに年初来高値を射程圏
 ラクト・ジャパン<3139>(東2)は、3日連休前の22日に前日比変わらずの1557円で引けた。今年12月7日につけた年初来高値1663円から下値を探る動きを続けてきたが、25日移動平均線で売り買いが拮抗し下値調整一巡を示唆した。現在、決算集計中の同社の前2016年11月期業績は、期初予想通りに連続減益で着地するものの、続く今2017年11月期業績は、国際乳製品価格の上昇から大幅増益転換と連続増配が観測されており、先取りして割安修正買いが再燃する展開も有力となる。TPP(環..

マーキュリアインベストメントは分割期待相場強まり上場来の高値
■12月31日現在の株主を対象に株式3分割、権利付き最終日は27日 マーキュリアインベストメント<7190>(東2・売買単位100株)は26日、11%高の4500円(450円高)まで上げて10時30分にかけても7%高の4350円前後で推移。2016年10月に上場して以来の高値を3日ぶりに更新している。12月31日現在の株主が保有する普通株式1株を3株に株式分割することを12月中旬に発表しており、これに向けた期待相場が衰えないようだ。 12月31日に株主になるには、取引所の受け..

みんなのウェディングはMBO価格1000円に向けてストップ高
■同社会長・穐田氏が公開買い付け みんなのウェディング<3685>(東マ・売買単位100株)は26日、買い気配のまま9時30分前にストップ高の954円(150円高)に達し、2016年2月以来の900円台に進んだ。前売買日(22日)の取引終了後、同社の取締役会長で前クックパッド<2193>(東1)社長の穐田誉輝(あきた よしてる)氏によるみんなのウェディング株式へのMBO(経営陣による株式公開買付)を発表。MBO価格1000円に向けて買い先行となった。 発表によると、MBO期間..

アイビーシーはネットワークシステム性能監視ツールのリーディングカンパニー
 アイビーシー<3920>(東1)はネットワークシステム性能監視ツールのリーディングカンパニーである。17年9月期は先行投資負担で減益予想だが、17年4月中旬に「System Answer」シリーズ後継製品の販売開始を予定している。情報通信ネットワークが高度化・複雑化する中で性能監視ツールの重要性が増しており、中期成長シナリオに変化はないだろう。なお12月19日に立会外分売を実施した。株価は戻り高値圏から反落してやや水準を切り下げたが、中期成長力を評価して出直りが期待される。..

青山商事はブランド改廃の観測など好感し戻り高値
■月次売上高はビジネスウェア好調だがカジュアル・リユースは前年割れ 青山商事<8219>(東1・売買単位100株)は26日、4145円(35円高)で始まり、3日ぶりに戻り高値を更新した。低価格ブランドチェーンの「キャラジャ」について、「5年後をめどに全店閉鎖する」(26日付日本経済新聞朝刊)などと伝えられ、構造改善などに期待が集まった。年初来の高値は4925円(2月)になり、年内はこれにどこまで迫るか注目されている。 12月上旬に発表した月次売上高をみると、期初から11月まで..

信越ポリマーは9年ぶりの高値、次世代半導体などで来年のテーマ株の見方
■高値もみ合いを抜け出し新年を待たず2段上げ相場がスタートの様子 信越ポリマー<7970>(東1・売買単位100株)は26日、続伸の始まりとなり、取引開始後に914円(30円高)まで上げて2007年以来の900円台に進んだ。今期・2017年3月期の連結営業利益を前期比48%増益と見込むなど、業績は好調。次世代半導体市場や自動運転車開発の拡大などで来年のテーマ銘柄になるとの見方がある。 約9年ぶりの高値だが、PERは18倍前後のため割高感はなく、テクニカル的には12月初から3週..

日経平均は33円安で始まり円高傾向など影響
 26日(月)朝の東京株式市場は、円相場が株式の前週末取引日(22日)夕方に比べて40銭から50銭ほど円高の1ドル117円30銭前後となり、前週末のNYダウは小幅高(14.93ドル高の1万9933.81ドル)にとどまったことなどが影響し、日経平均は小幅続落模様の33円26銭安(1万9394円41銭)で始まった。

ファーストコーポレーションは12月26日東証1部に市場変更、分譲マンション建設に特化したゼネコン
 ファーストコーポレーション<1430>(東1)は分譲マンション建設に特化したゼネコンである。12月26日付で東証マザーズから東証1部に市場変更した。17年5月期は豊富な受注残高も背景として大幅増収増益予想である。強みを持つ造注方式を核としたアグレッシブな事業展開で中期成長期待も高まる。株価は10月の戻り高値圏から一旦反落したが、4%近辺の高配当利回りも注目材料であり、自律調整が一巡して上値を試す展開が期待される。なお1月10日に第2四半期累計の業績発表を予定している。■東京..

【アナリスト水田雅展の企業レポート】バルクホールディングスは17年3月期減益予想だが第2四半期累計が計画超で通期上振れ余地
■17年2月9日に臨時株主総会開催予定 バルクホールディングス<2467>(名セ)はコンサルティング事業、マーケティング事業、IT事業、住宅関連事業を展開する持株会社である。17年3月期は住宅関連事業が低調なため減益予想だが、第2四半期累計は売上高、利益とも計画超だった。通期上振れ余地があるだろう。なお17年2月9日に臨時株主総会開催を予定している。株価は安値圏でモミ合う展開だったが徐々に下値を切り上げている。調整一巡して出直りが期待される。■コンサルティング事業などを展開す..



ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX最新情報  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFXTOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け