ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX 株式投資情報 12月21日

12月21日(水曜日)の株式投資情報です。(19時30分更新)

■■ 注目情報 ■■

先着100名限定に、無料のスペシャル・オファー!
これは絶対、手に入れないと損です!!今すぐ→

50名以上が証明!
成功率97%の投資法を「無料」で教えます。



ワイヤレスゲートは生体認証のLiquidとの資本提携を発表
■両社の事業拡大を加速 ワイヤレス・ブロードバンドサービスを提供するワイヤレスゲート<9419>(東1)は21日、生体認証による本人認証・決済サービスを手がけるLiquid(東京都千代田区)との資本提携を決議したと発表した。  リキッドは、世界で初めて生体認証のみでの本人認証・決済サービスの商用化に成功するなど、次世代の社会インフラ技術を国内外に普及させる事業を展開している。一方、ワイヤレスゲ ートは、これまでにLTEインフラを活用したIoT事業を拡大している。今後は、リキ..

【注目銘柄】三機サービスは上場来高値更新の展開、17年5月期2桁増収増益予想
 ビル・店舗・施設のトータルメンテナンスを展開する三機サービス<6044>(東2)に注目したい。17年5月期は新規大型案件も寄与して2桁増収増益予想である。株価は急伸した11月の上場来高値から一旦反落したが、自律調整が一巡して上値を試す展開だろう。 17年5月期の連結業績予想は、売上高が16年5月期比17.9%増の78億円、営業利益が同19.8%増の4億72百万円、経常利益が同25.0%増の4億47百万円、純利益が同18.3%増の2億98百万円としている。 空調機器メンテナン..

【中期経営計画と株価】インフォマートは中期経営計画で18年12月期の受発注5万社と請求書100万社目標
【成長への道筋・中期経営計画を探る】■利用企業数増加基調で16年12月期増益予想、17年1月1日付で株式2分割 インフォマート<2492>(東1)は企業間電子商取引「BtoBプラットフォーム」各種システムを提供し、FinTech分野にも参入している。16年12月期は利用企業数が増加基調であり、ストック型収益のシステム使用料が伸長して増益・増配予想である。株価は調整一巡して上値を試す展開だろう。なお17年1月1日付で1株を2株に分割する。 16年2月策定の中期経営計画では基本方..

【銘柄フラッシュ】富士通コンポーネントなど急伸し新規上場3銘柄はすべて実質ストップ高
 21日は、東証1部の値上がり率1位がパナホーム<1924>(東1)の13.2%高となり、2位もパナソニックデバイスSUNX<6860>(東1)の10.5%高。ともに20日の夕方、パナソニック<6752>(東1)の完全子会社になると発表したことが材料視された。ただ、肝心のパナソニックは大引け1.7%安となり4日続落。 同じく3位のアドバンテスト<6857>(東1)は野村ホールディングス<8604>(東1)の野村證券が投資判断を「中立」から「買い」に引き上げ、目標株価も1330..

プラント解体に特化したオンリーワン企業「ベステラ」の動画で見るプラント解体
 ベステラ<1433>(東マ)はプラント解体に特化したオンリーワン企業である。次世代プラント解体工法「3D解体」実現に向けたロボット開発を推進し、パーフェクト3Dの地域・観光用途への応用も実証している。17年1月期第3四半期累計は一時的要因で減益だったが、通期は増収増益予想である。さらに17年2月1日付で株式3分割を実施する。17年1月期末から開始する株主優待制度も注目点だ。■動画で見るプラント解体(YOUTUBE)★ガスタンク解体 リンゴ皮むき工法ガスタンク解体 リンゴ皮む..

【注目銘柄】DOWAホールディングスは年初来高値更新の展開で15年高値視野、17年3月期業績予想に増額余地
 DOWAホールディングス<5714>(東1)に注目したい。17年3月期通期の減収減益予想を据え置いているが、第2四半期累計が計画超となり、通期予想にも増額余地がありそうだ。株価は年初来高値更新の展開である。15年高値も視野に入りそうだ。 17年3月期連結業績予想は、売上高が前期比5.3%減の3850億円、営業利益が同17.3%減の290億円、経常利益が同17.3%減の290億円、純利益が同8.4%減の200億円としている。 為替や金属価格など相場環境が流動的として従来予想を..

【注目銘柄】パウダーテックは17年3月期配当予想を増額修正、年初来高値更新で99年来水準視野
 電子複写機用キャリアなどを展開するパウダーテック<5695>(JQ)に注目したい。12月20日、17年3月期配当予想の増額修正を発表した。17年3月期連結業績は2桁増益予想で再増額余地がありそうだ。株価は年初来高値更新の展開だ。配当予想増額を好感して上値を試す展開だろう。99年以来の600円台が視野に入りそうだ。 17年3月期配当予想は、前回予想の年間12円(期末一括)に対して、4円増額して年間16円(期末一括)とした。16年3月期の年間15円(創業50周年記念配当3円含む..

【株式市場】北米景気敏感株などが重くなり日経平均は年初来高値のあと軟調転換
◆日経平均の終値は1万9444円49銭(50円04銭安)、TOPIXは1544.94ポイント(7.42ポイント安)、出来高概算(東証1部)は21億249万株◆本日上場の3銘柄は好調で2銘柄は買い気配のまま初値つかず 21日後場の東京株式市場は、13時過ぎからソニー<6758>(東1)やキヤノン<7751>(東1)などが値を消し始め、自動車株の中にも軟調転換する銘柄が出始め、全般に模様ながめムードが広がった。日経平均も軟調に転じ、14時にかけて一時119円34銭安(1万9375..

フェニックスバイオは決算説明会資料など見直され4日続伸基調
■下期は円安の追い風が吹き半値戻しの期待も マウスを用いた医薬品開発研究などのフェニックスバイオ<6190>(東マ・売買単位100株)は21日、8%高の1975円(145円高)まで上げた後も強い展開を続け、16日から4日続伸基調となっている。15日に第2四半期決算の説明会資料を自社ホームページで開示しており、見直される形になった。 売上高の7割近くが海外を占めるため上期は円高傾向が逆風になったが、下期は11月以降の円安が追い風になる。2016年3月に上場し、上場来の高値は37..

メンバーズは12月末の株式分割などに期待が強く出直り拡大
■今期は5期ぶりに最高を更新する見込み ソーシャルメディア活用支援などのメンバーズ<2130>(東2・売買単位100株)は21日の後場一段強含み、13時を過ぎて1029円(52円高)と出直り幅を拡大。取引時間中としては3日ぶりの4ケタ(1000円)台回復となった。12月31日を基準日として1株につき2株の株式分割を行うことが材料視されている。 業績は回復から拡大傾向となっており、今期・2017年3月期の連結純利益は12年3月期以来5期ぶりに最高を更新する見込み。中国での展開や..

クスリのアオキHDは大手証券の高評価や北陸新幹線の延伸ルートなど好感し高値更新
■大和証券は目標株価も6000円から6500円に引き上げたと伝えられる クスリのアオキホールディングス<3549>(東1・売買単位100株)は21日の後場寄り後に5390円(240円高)をつけ、「ホールディングス」となった2016年11月以降の高値に進んだ。15日に旧・クスリのアオキの第2四半期の業績を発表し、大和証券が19日付で投資判断をそれまでの「3」から「2」に引き上げ、目標株価も6000円から6500円に引き上げたと伝えられ、買い安心感が広がった面があるようだ。 また..

【株式市場】NYダウの最高値更新など好感され日経平均は年初来高値に進むがTOPIXは小安い
◆本日上場の3銘柄はそろって買い気配 21日(水)前場の東京株式市場は、NYダウの4日ぶり最高値更新や円安の再燃などが好感され、トヨタ自動車<7203>(東1)などが朝から堅調に推移。日経平均は9時30分にかけて98円37銭高(1万9592円90銭)まで上げて2日連続の年初来高値更新となった。半面、TOPIXは小安く、主な株価指数では東証マザーズ指数が軟調。 ジャパンディスプレイ<6740>(東1)やアドバンテスト<6857>(東1)が証券会社のォ投資判断などを受けて上げ、イ..

上場4日目のシンシアがストップ高、高成長に期待強く毎日高値を更新
■新たな流通経路としてドラッグストアルートの拡大など注目される 上場4日目のシンシア<7782>(東マ・売買単位100株)は21日の前場、ストップ高の3485円(500円高)で売買されたあともこの値に張り付き、16日の上場翌日から毎日高値を更新した。 ネットと実店舗の両面展開でコンタクトレンズなどの販売を行い、会社発表の今期・2016年12月期の業績見通し(連結)は前期比で売上高が前期比15.6%増、営業利益は同2.8倍、1株利益100円94銭など高成長。第3四半期段階ではネ..

【投資に役立つ決算資料】エイジア<2352>(東2)の2017年3月期第2四半期説明会資料
エイジア<2352>(東2) エイジア<2352>(東2)はメール配信システムの大手である。eコマース関連分野を強化し、人工知能(AI)を活用した新サービス開発も積極化している。17年3月期2桁増収増益予想、そして連続増配予想である。

タカラトミーはクリスマス・年末年始商戦の株高効果など注目され年初来の高値
■回復基調の業績をフォローする可能性など期待 タカラトミー<7867>(東1・売買単位100株)は21日も上値を追い、11時にかけては4日続伸基調の1270円(33円高)前後で推移。年初来の高値を連日更新して2001年以来の水準に進んでいる。トランプ氏の当選後に始まった株高効果によってクリスマス・年末年始商戦が活発化する期待があり、回復基調の業績をフォローする可能性は十分にありそうだ。 また、信用売り残が買い残を上回る状態で高水準のまま株価が上値を追うため、買い戻しが本格化す..

本日上場のセグエグループも買い気配のまま公開価格の45%高(10時35分現在)
■21日は3銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる 21日新規上場となった3銘柄のうち、セグエグループ<3968>(JQS・売買単位100株)は、ITシステムにおけるITインフラおよびネットワークセキュリティ製品にかかわる設計、販売、構築、運用、保守サービスを一貫して提供する「ITソリューション事業」を展開し、公開価格は1700円。朝から買い気配をセリ上げ、10時30分過ぎには公開価格を45%上回る2465円の買い気配。まだ初値はついていない。 会社発表の今期・2016年1..

本日上場のイノベーションも買い気配のまま公開価格の35%高(10時15分現在)
■21日は3銘柄が上場しそろって買い気配をセリ上げる 21日新規上場となった3銘柄のうち、イノベーション<3970>(東マ・売買単位100株)はIT製品ややアウトソーシングサービスの比較サイト「ITトレンド」「BIZトレンド」の運営などを行い、公開価格は2770円。10時20分にかけても買い気配のまま公開価格を35%上回る3750円の買い気配。まだ初値はついていない。 会社発表の今期・2017年3月期の業績見通し(単体)は、売上高が前期比10.7%減の11.64億円、営業利益..

本日上場のグレイステクノロジーは買い気配のまま公開価格の30%高(10時現在)
■21日は3銘柄が新規上場となり、そろって買い気配をセリ上げる 21日は3銘柄が新規上場となり、うち、グレイステクノロジー<6541>(東マ・売買単位100株)は産業機械などのマニュアル作成や作成・翻訳システムの開発などを行い、公開価格は3100円。買い気配で始まり、10時過ぎには公開価格を30%上回る4030円の買い気配。まだ初値はついていない。 会社発表の今期・2017年3月期の業績見通し(個別)は、売上高が前期比37.7%増の10.0億円、営業利益は同2.2倍の3.0億..

メディアドゥは子会社設立など材料視し3日続伸基調の出直り継続
■1月上旬に四半期決算発表を予定し「節分天井」イメージする様子も 電子書籍の取次ぎなどのメディアドゥ<3678>(東1・売買単位100株)は21日、取引開始後に1443円(57円高)まで上げて3日続伸基調の出直り継続となっている。純利益などが連続で最高益を更新する見込みのため買い安心感があり、20日付で徳島県での合弁会社(子会社)設立を発表したことなどが材料視されている。 年初来の高値は2130円(5月)。通期の業績見通しがこの頃と変わらないため、年内の高値更新はムリとの見方..

ジャパンディスプレイは日経平均の補充候補との見方もあり高値を更新
■FPD業界が好調の様子であることも思惑カキ立てる ジャパンディスプレイ<6740>(東1・売買単位100株)は21日、367円(10円高)で始まったあと380円台に駆け上がり、5日ぶりに年初来の高値を更新した。20日にブイ・テクノロジー<7717>(東1)が海外のフラットパネルディスプレイ(FPD)メーカー複数社から総額180億円を受注との発表を好感して急伸したことが思惑をカキ立てたとされるほか、一部では、ミネベア<6479>(東1)とミツミ電機<6767>(東1)の経営統..

日経平均は52円高で始まりNYダウの4日ぶり最高値など好感
 21日(水)朝の東京株式市場は、NYダウの4日ぶり最高値更新(91.56ドル高の1万9974.62ドル)や円安基調の再燃が好感され、日経平均は2日続伸基調の52円75銭高(1万9547円28銭)で始まった。

カーリットホールディングスは事業多角化で中期収益拡大期待、低PBRも見直して上値試す
 カーリットホールディングス<4275>(東1)は、化学品事業を主力に、M&Aも積極活用して規模拡大や事業多角化を推進している。当社はロケット用固体推進薬原料を国内で唯一製造しており、宇宙関連銘柄の一つである。17年3月期は研究開発費を含む販管費の増加や新興国景気減速、為替影響などで減益予想だが、積極的な事業展開で中期的に収益拡大が期待される。株価は戻り歩調で年初来高値を更新した。0.6倍近辺の低PBRも見直して上値を試す展開だろう。■化学品、ボトリング、産業用部材を展開、M..

【編集長の視点】AWSHDは分割後安値から底上げ途上、ZMP上場延期を織り込み最高業績と新ソリューションを買い直す
 AWSホールディングス<AWSHD、3937>(東マ)の前日20日の株価は、40円安の3010円と反落して引けた。今年11月9日につけた株式分割の権利落ち後安値2700円から25日移動平均線までリバウンドしており、目先の利益を確定する売り物が交錯した。ただ下値に買い物も続き、底上げはまだ序盤で一段の戻りが期待できそうだ。自動車の自動運転技術で同社と密接なロボットベンチャーのZMPが、12月19日に予定していた新規株式公開(IPO)を延期したことを受けて、同社の株価も、200..

ソラストは医療事務・介護サービスのパイオニア、ICTとM&Aを活用して中期成長目指す
 ソラスト<6197>(東1)は地域の女性人材を活用した医療事務・介護サービスのパイオニアである。医療関連受託事業、介護・保育事業とも好調に推移して、17年3月期増収増益予想である。12月20日発表した16年11月介護サービス利用者数は訪問介護が12.4%増、デイサービスが3.1%増と好調である。株価は戻り歩調だ。好業績を評価して7月の上場来高値を目指す展開だろう。■医療事務受託を主力に介護・保育サービスも展開 2012年にMBOで株式を非上場化した旧・日本医療事務センターが..

ジャパンインベストメントアドバイザーはインタートレードの株式取得、Fintech駆使して新たな金融サービスを拡大
 ジャパンインベストメントアドバイザー(JIA)<7172>(東マ)は、オペレーティング・リース中心に金融ソリューション事業を展開している。12月20日にはインタートレードの株式取得を発表した。Fintechを駆使して新たな金融サービスの拡大を目指す。16年12月期はオペレーティング・リースの好調が牽引し、パーツアウト・コンバージョン事業の収益化も寄与して大幅増収増益予想である。株価は戻り高値圏だ。中期成長に向けた積極的な事業領域拡大戦略を評価して4月の上場来高値を目指す展開..



ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX最新情報  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFXTOP

FX 初心者 のFX 投資法


FX 初心者 のFX 投資法  ひまわり証券FX・日短FX・パートナーズFX・orixFX・セゾンFX・上田ハーローFX  FXサバイバルくりっく365用語集  びっくり外為FX投資ノウハウ研究会  今注目の外国為替FXの口座開設  FXオンライントレード資料請求  FX外貨セミナー業者クリエイト  FXデイトレ自動売買のレバレッジは  セントラルlivedoorFXバーチャル  cmsFX会社(マネックスFX・ライブドアFX)  FX外国為替証拠金取引FXの商材  FX外為チャートで稼ぐ必勝法  FXでシステムトレードマスターtrading  FX業者のスワップ手数料比較  121外為FXの税金節税・確定申告  外国為替FX情報商材レビュー  FX投資初心者の取引onlinejapan  外貨FX投資日記ブログ  FX比較プライムランキング  バーチャルFXオンライン入門  FX(外国為替取引)でお金儲け  株太郎シュミレーション  オンライン・インターネットで株取引  ネット株取引購入売買  株式用語チャートマップ  株の達人、株之助日記  株の税金・手数料・確定申告  バーチャル株入門ゲームソフト  株取引情報セミナー掲示板  ミニ株ドットコム.com  株投資デイトレ(デイトレード)  ネット株らく初心者ブログ  中国株・インド株・ベトナム株・タイ株・アジア株・日本株・世界株  携帯・mixiでお金儲け  情報起業・ヤフオク(オークション)でお金儲け  お金儲けセラピー  お金儲け!ネットで稼ぐ方法  お金儲け裏技掲示板  アフィリエイトブログで簡単にお金儲け  お金儲けの即金情報サイト  お金儲けできる在宅サイドビジネス  香港大富豪のお金儲け 7つの鉄則  お金持ちの稼ぎ方、儲け方、やり方  お金儲けできるネットビジネス  簡単なお金儲けの方法  タイムマシンdeお金儲け